相続手続をする必要のある方へ

相続放棄をする場合

相続放棄とは?

法定相続人となった場合、被相続人の残した財産が、プラスの財産が多くても相続せず、マイナスの財産が多くても債務の負担をしないことで、とにかく全面的に財産の相続を放棄することです。

相続放棄するとその法定相続人は初めから相続人でなかったことになるのです。

例えば、被相続人(親)が莫大な借金を残して亡くなった場合に、その法定相続人(子供)にその借金を負担させてしまえば、生活が成り立たなくなることがあります。それを回避するため、相続放棄という手続き方法があるのです。

もちろん被相続人が残した債務が多くても、単純承認をしたり、限定承認をして債務を返済していくことは可能です。

また、他の相続人の相続分を増やすために相続放棄をする場合もあります。

相続放棄の必要書類

  • 相続放棄の申述書1通
  • 申述人の戸籍謄本1通
  • 被相続人の除籍(戸籍)謄本、住民票の除票各1通
  • 申述人1人につき収入印紙800円
  • 連絡用の郵便切手(※裁判所によって異なる)
  • 返信用の郵便切手(400円分/1名)
  • 申述人(相続人)の認印

相続の放棄は、相続開始を知った日から3カ月以内に、家庭裁判所へ相続放棄の申述をする必要があります。この期間が過ぎると単純承認となりますので、マイナスの財産も相続したことになりますので注意が必要です。

相続放棄は、他の相続人に関係なく、相続人が一人でできます。

家庭裁判所に対する申し出をするときは、「相続放棄申述書」に、放棄する相続人の戸籍謄本と被相続人の除籍(戸籍)謄本・改製原戸籍謄本(出生から死亡までのすべての戸籍謄本)と住民票の除票を添付して提出します。

3ヶ月の期間を過きてしまったり、相続財産に手をつけてたりした場合には相続放棄はできません。また、一度放棄をすると取り消しはできません。

必要書類は家庭裁判所によって異なる場合があるので、事前に確認しておくことをお勧めします。

相続放棄申述書を家庭裁判所に提出後、1週間ほどで家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」が郵送されてきますので照会書に記載してある質問事項に回答し、家庭裁判所に返送し、問題なければ、「相続放棄陳述受理証明書」が家庭裁判所から郵送されます。

これによって相続放棄が認められたことになるのです。

もしも債権者から債務の負担を迫られた場合、「相続放棄陳述受理証明書」を見せれば、それ以降、債務の負担を迫られることはありません。

copyright(C) 2012 石川・金沢 相続・遺言相談室. all rights reserved.