どんなサービスを受けられる?

どんなサービスを受けられる?

石川・金沢相続・遺言相談室では、下記のようなサポートを受けることができます。

どんなサービスを受けられる?

戸籍の収集と相続関係図の作成をいたします。

銀行預金・不動産などの名義変更手続きでは、相続人を確定するため、戸籍が必要になります。

正確に相続人を確定するには、被相続人(亡くなった方)の戸籍を被相続人の出生までさかのぼって取得しないといけません。戸籍は、法律の改正や本籍の移転などにより、通常何度も改製、移転されており、高齢の方だと途中戦災で戸籍が途切れて、さかのぼるのが難しい等、時間や手間がかかるケースがよくあります。

司法書士は相続人調査のプロですので、安心してお任せください。

相続財産調査サポート

相続財産を確認し、財産目録を作成いたします。

遺産を分割したり、相続税額を算出するには、どのような財産があるか、それぞれの価格はいくらかなどを整理しないといけません。

しかし、最初からそれらが全てわかっていることは少なく、何らかの調査をしないといけないケースがほとんどです。

財産には、預金、有価証券、動産、不動産、保険金など、プラスの財産もあれば、借金などマイナスの財産もあります。それらをすべて把握して、初めて最終的な遺産分割ができることになります。中でも不動産の調査に関しては、司法書士は強みを持っておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。

遺産分割協議書の作成

遺産の分け方を決める「遺産分割協議書」を作成いたします。

法定相続分で相続する場合を除き、相続手続きを行うには、遺言、または遺産分割協議書が必要です。遺産分割協議書には、全ての相続人が捺印している必要がありますし、協議書に漏れた財産があると、それ用の遺産分割協議書は別途作成する必要が生じたりします。

そこで、相続の専門家に遺産分割協議書を作成してもらった方が、トラブルなく、スムーズに名義変更ができます。どうぞ、お気軽にお声がけください。

遺言書作成サポート

遺言書の作成をサポートいたします。

仲の良かった兄弟が、相続をめぐって争いになり、口も利かなくなる、そんなことが良くあります。そして、そういう時に思うのが「親御さんの気持ちがはっきりしていたら、こんな風にはならなかったのに」ということです。

遺言は、形のある財産以外に、形のないご両親の気持ちを残すことです。いつまでも、仲の良い親族関係を続けていけるよう、遺言の作成を考えてみてはいかがでしょうか。

内容や形式が間違っていると、無効な遺言になることもありますので、私ども専門家にご相談ください。

遺言執行サービス

遺言執行人として、遺言執行を行います。

遺言書には、遺言執行人を定めることができます。定めなくてもよいのですが、遺言執行人を定めなかったがために、せっかくの遺言が全く執行されず、無意味になってしまうケースもしばしば見ます。

私どもは、遺言執行人となり、リーズナブルな費用で、専門家として着実な執行を行います。

執行が心配な方は、一度お問い合わせいただければと存じます。

相続放棄サポート

相続放棄の申立をサポートします。

親族が多額の借金を残して亡くなった場合、何もしなければ、その借金も相続することになります。しかし、「相続放棄」を行えば、相続を免れることができます。

相続放棄は、相続があることを知ってから3ヶ月以内に行うという条件がありますので、早急にご相談ください。

成年後見、財産管理

成年後見の申立をサポートいたします。

相続人の中に認知症の方がいる場合、成年後見の申立を行わないと、遺産分割協議がまとまりません。その他、相続の後、残された方の世話をする方がなく、介護施設と契約するのに成年後見の申立を行う必要のある場合などもよくあります。

成年後見、財産管理については、専門サイトを運営しております。詳しくは、こちらをご覧ください。

copyright(C) 2012 石川・金沢 相続・遺言相談室. all rights reserved.